読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

イタリアでの食卓:お腹いっぱい食べられなかった(涙)イタリアで初めてのクリスマス4

年を越してのクリスマス・ネタですが、イタリアでは1月6日まではクリスマスみたいなものらしいので、お許しを。

◆クリスマス・シリーズはこちら

・イタリアでの暮らし:思ってたんとちがう!イタリアで初めてのクリスマス1

・イタリアでの暮らし:思ってたんとちがう!イタリアで初めてのクリスマス2

・イタリアでの暮らし:プレゼントに親が一番喜んだ!イタリアで初めてのクリスマス3

 

※1月6日はエピファニア(日本語では「公現祭」というらしい)で祝日。12月25日に生まれたキリストのもとへ、東方の三博士がお祝いに来た日がエピファニアで、イタリアでは良い魔女(?)が子どもたちにお菓子をいれた靴下をあげる日なのだそう。

 

  [Sponsored Link]

 

 

★24日のディナーはお魚料理

イタリアでは、クリスマスイブの夕食に家族が集まって魚料理を食べるのが基本。たぶん、お肉を食べない=魚料理なのだと思うけれども、野菜だけでもいいのかは不明。明日おばあちゃん家に行くので聞いておきまーす。

 

義祖母宅で食べた夕食はこんな感じ。

・前菜:海老とマヨネーズを使ったものが何種類か、ツナとマヨネーズを使ったものが1種類。あとはサンドイッチだったり、オリーブだったり、つまむものが多数。

 ・プリモ:サーモンのクリームパスタ

 ・セコンド:干し鱈のお料理(シチリア料理)、魚とイカのフライ、サラダ

・デザート:パネットーネ(クリスマスに食べるお菓子)

 

感想:

眠くてはしゃぐ息子を寝かしつけたり世話したりで、ゆっくり食べられなかった。おばあちゃん自慢の干し鱈のお料理は、一口食べて、その後息子を寝かしつけようとしている間に片付けられてたという(T-T)

 

が、後日別件でローマに行った日におばあちゃん家でお昼ご飯食べ(ローマに行くたびにお昼をごちそうになっている(^-^;))、残っていた干し鱈料理を食べましたー。この夜一番美味しかった料理!

 

  [Sponsored Link]

 

 

★25日のランチはお肉料理

義姉宅でのランチ。かなり遅れて行ったため(と言っても、義父&義祖母もなぜか私たちと同時に到着していたのだけど)前菜は1品だけしか残ってなかった。仕方ないが残念!

 

・前菜:プルーンのベーコン巻き(超美味い!!!)

・プリモ:トルテッリーニ・イン・ブロード(スープの中に詰め物をしたパスタがはいっている)

・セコンド:チキンの煮込み、羊肉のグリル、ローストポテト、サラダ

・デザート:パンドーロ(クリスマスに食べるお菓子)、カンノーロ

 

感想:

プルーンのベーコン巻きが美味しすぎた!ネットで検索したらたくさんレシピ(と言ってもオーブンで焼くだけだが)が出てくるので一般的なのかな?私は初めて食べたよ。息子も「美味しい!美味しい!」と5、6個食べとりました。

 

肉尽くしのこの日。息子は基本的に姪っ子と一緒に遊んでいたし、義姉友人もいてほとんど会話もふられずゆっくり食べるチャンスだったのに、義姉友人家族は体調不良とかであまり食べず、他の人もあまり食べず、私だけおかわりするのもなんだかなと思い遠慮したという。。。

 

家族だけだったらモリモリ食べたんだがーー!!と夫に話したら、「え??いっぱい食べたでしょー?!」と言われ...胃が壊れている模様。はい、イタリアに来て太りました...。

 

 

1ヶ月で1キロ痩せるプロジェクト始動!が、6日(エピファニア)も義祖母宅にてランチだよっ:ランキングに参加しています!

  [Sponsored Link]