読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

雑記:イタリア語ができない、で許されるのはあと半年か

本日はこちら↓の記事も投稿しております。

 

クリスマスがピークに来るようになっているからか、日本(東京)と比べて格段に暖かいからか(といっても昨日今日は風が強くて寒い)、全く年末という気がしない。

 

むしろ、ようやく日常に戻った!!といった感じ。年越しもお正月も家族4人(3人と1匹)だけで過ごす予定だしね。

(お義父さんカップルもおばあちゃんもそれぞれの友人宅で過ごすそう)

 

  [Sponsored Link]

 

 

さてさて、イタリアに来て半年。

人生レベルでは大きく大きく変わった年になるのだろうけれども、日常では(色々と問題は抱えているものの)日本で暮らしているのとあまり変わりがなく平々凡々な毎日だ。

 

がしかし、刻々とタイムリミットは近づいている。

 

果たしてイタリア在住2年目に入った時、「イタリア語、まだ全然話せなくて~!σ(*´∀`照)」で済まされるのだろうか。

 

10年までの私だったら、いやちょっと前の私だって、そんなことを言っている人がいたら「甘すぎる!!」と一喝しただろう。

 

  [Sponsored Link]

 

 

息子が幼稚園に行けなかったことで自分の時間がないとか、

夜中に働いていることで日々若干時差ぼけ状態だとか、

話しかけるご近所さんすら(物理的に)いないとか、

息子の話すイタリア語が日本人発音だと気づいた日から、基本私は自宅内で最低限のイタリア語に抑えているとか、

自分に甘すぎるとか、

自分に大いに甘すぎるとか、

 

上達しない理由は色々ある。

 

でもそんな理由は関係ないのである。

 

事実は「今日、息子が私の知らないイタリア語を話した」ということ。

 

「マンマ、これはチルコだよ」と。

 

は??チルコ??

 

今は「サーカス(イタリア語でcirco:チルコ)」程度だけれども、息子が何を話しているのか分からなくなる日も近い。

 

それだけは絶対に避けなくてはならない。

 

義家族だって1年経ってもイタリア語がろくに話せないとなると「おいおい、ちょっと」と思うだろう。

 

2017年(の前半には)、せめてイタリア語で日常会話ができるようにならないとまずいのである。

 

2017年にやりたいこと。いや、やらなくてはならないこと。

 

それはイタリア語の習得。。。(;´д`)

 

f:id:kuma-postman:20161231122523j:plain
息子は順調に成長しております

 

それでは皆さま、良いお年を!! 

 

 

やるしかないのである(*`д´*)ノオウ:ランキングに参加しています!

 

  [Sponsored Link]