読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

イタリアでの暮らし:初めてのクリスマス@イタリア...プレゼントどうするよ?

書きたいことがたくさんあるのに、なかなか時間が取れない。o(T^T)o

息子の幼少期からの言葉の発達についても書きはじめたいし、そういえば夏のトイレトレの様子も記録として書き残しておきたい。

それと4回まで終わったイタリア語クラスの話とお庭のメンテナンスについても。

なのにもう12月だなんて!!早すぎるぜ!

 

  [Sponsored Link]

 

★初めてのクリスマス@イタリア

私と息子はイタリアで初めて迎えるナターレ(クリスマス)。夫もイタリアでナターレを迎えるのは7、8年ぶり?

 

息子にアドベント・カレンダー作ってあげたかったのに、結局手を付けられず...

↑日本でもおしゃれ雑貨屋さんなんかで売ってたりするのかな?

 

アドベントカレンダー - Wikipedia

クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。アドベントの期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる。

 

市販のものは、窓を開けると大抵チョコレートなど甘いものが入っているのだけれども(そうじゃないものはどこで買える?)、我が家はまだ息子(3才)にチョコを食べさせていないので、手作りしたかったのだが。。。間に合わなかった(涙)

 

そして、クリスマスツリーもプレゼピオ(キリスト降誕を小さな人形で表したもの)もまだ用意していなため、家の中も全くクリスマス感が無いという...全くもって我が家らしい。

これがプレゼピオ↑って、何この値段!!!

 

来週用事でローマに行くついでに、おばあちゃんの家に寄る予定なので、とりあえず息子にはその時にナターレ気分を味わってもらおう。

 

ちなみに、わが街もそうなのだけれども、ローマあたりでも街はあんまりクリスマスっぽくありません。予算の関係かもしれないけれども、実際はこんなものなのでしょうね。

(商魂たくましい日本の方がよっぽどクリスマスっぽいw)

 

  [Sponsored Link]

 

 

★クリスマス、誰とどう過ごす?

さて、クリスマスどうするかの詳細が分かってきました。

24日は義祖母宅集合。集まるのは義父と義姉家族。そして我が家。もしかしたら義父弟家族も顔を出すと。

 

んー、義姉一家は来ないと思っていたのになぁ...( ̄o ̄;)ボソッ

いや、義姉と子どもたちは良いんだけれども、義姉パートナーがね。これまたどうしようもないやつで。来たら面倒くさい。

(義姉の旦那さんは末っ子が生まれる少し前に亡くなられています(涙))

 

義父パートナーは、自分の息子たちの住む北の街でクリスマスを過ごす模様。義父パと義姉は犬猿の仲なので、一緒に揃うことはあまりないらしい。

 

義父パの息子の1人はコイツね↓(堂々のコイツ呼ばわり) 


と、そんなことよりも、懸念事項はクリスマス・プレゼント(イタリアでは、子どもにも大人にもプレゼントを贈り合うのです)。

 

甥っ子、姪っ子には本。これから毎年本で行く。これ決まり。

(ということで、夫よ、早く本屋さんに行った方がいいぞ)

 

問題は大人。気持ちの問題なのだろうけど、みんな何でも持ってるしなぁ。

 

義父弟家族には、息子の洗礼式の時にお祝いをいただいているし、去年イタリアに帰省した際にもお土産に美味しいチーズを持たせてくれたし、悩むぅぅぅ。

 

そもそも我が義家族・親戚が、予算いくらぐらいのプレゼントを贈り合うのかも分からない。

 

そして、こういう時に「●●ユーロぐらいでいいんだよ」っという夫の言葉は当てにならない事が多い...ような。(-_-)

 

本音:クリスマス、面倒くさいな。

 

25日の午後は義母宅に...

義母を囲んでパネットーネ(クリスマスに食べるお菓子)ぐらいは食べようかと思います。

前にパネットーネを一緒に食べた時、義母がすごくはしゃいでたっけね(´・ω・`)

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
お庭の業者さんの時と同様、色々悩んだ割にはパッとしない贈り物をしてしまう予感が:ランキングに参加しています!

 

  [Sponsored Link]