読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

子育て:待機児童問題@イタリア

  [Sponsored Link]

 

 

★入園を希望していた幼稚園@日本

日本で息子を入れたいと思っていた幼稚園は随時募集の幼稚園だったため、夏休み明けの9月に手続きをして、10月頃に入園できればと思っていました。

(しかも、その幼稚園には幼稚園バスなどはなく親が送り迎えするため、通園可能エリアに引っ越し済みだった)

月に数回開催されていた体験クラスにちょこちょこ通い、先生方の話からも入園は問題なさそうだったため、「前日から並んだ」などという幼稚園の申込期限(願書の提出)に無頓着だった我が家。

 

が、急きょイタリアに移住することになりネットで調べてみたところ、イタリアでの幼稚園の申し込みは2月か3月あたり。

 

そして、まさかの「待機児童問題」の文字が。。。

 

少子化のイタリアで?子どもにやさしいイタリアで??

完全に事前調査不足でした(T-T)。

 

  [Sponsored Link]

 

★公立は幼稚園も保育園も無料@イタリア

息子、今年は幼稚園に行けないか??でも、言語習得のためにも行かせたい!

ローマやミラノといった大きな街ではない。きっと大丈夫!小さい街だもの。

 

と言い聞かせてイタリアに越してきたのですが、やはり無理でした。

どの幼稚園も、待機リストが一杯でリストにも載せられない(載せても意味がない)から、来年の1月に(来年9月の入園に関する)問い合わせをしてくれ、と。

 

近所に小さい子どもはいないし、児童館もない。教会の子ども向けプログラムもあるが、息子はまだ小さすぎる。

私の仕事も本格的に再開したいし、どうしたものか...と思っていたのだけれども、これはこれでよかった面も。

 

以前息子の言語の発達についての記事を書きましたが、この夏すぎから日本語力がググッと伸びております。

 

 

  [Sponsored Link]

 

 

★日本語だけでなく...

2歳半まで全く話さなかった息子が、3才を過ぎて以降、アレンジを利かせ、しかも正しい文法できれいな日本語を話す様子に父と母は感動!(文法の正しさは、私よりも夫の日本語のような気がしなくもない(^-^;))

 

幼稚園に行っていたら、ひとまず日本語能力はさほど伸びなかったであろうことを考えると、表現豊かになったことは「言いたいことが伝わらない」という息子のストレスも減って、これはこれでよかったかなぁと。

 

が、イタリア語も順調に習得中という。

 

先日お庭で木の実を探していたところ、「Ecco gli !!! Su, Su !!(ここにあるよ、上だよ上)」と。

 

見上げると木の実が2つ。

 

(;゚Д゚)エエー

母、腰を抜かしましたよ。

 

何がすごいかというと、見つけた木の実が1つの場合、イタリア語では「Ecco lo(エッコ)」、木の実が2つ以上(複数)の場合は「Ecco gli(エッコ)」と変化します。

 

そう、ちゃんと単数と複数を使い分けているという。

誰に教わったんだ??

 

子どもって恐ろしい...

さぁ、母も明日のイタリア語クラスで頑張って話さなくては。

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
全く話さなかった息子シリーズもそろそろ始めようかと:ランキングに参加しています!

 

  [Sponsored Link]