読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

イタリアで出会った人々:半裸半ケツ固太りの50才、キレる(その1)

彼の話は義姉から聞いていた。
甥っ子たち(義姉の子ども)の前で全裸になったとか、屋上で全裸になってご近所から言われたとか、そもそも感じがよろしくないとか。

ただ義姉はちょっと強烈な性格で、自分が嫌いだという理由でご近所さんを無視するよう家族に強いたりすることもあることから、話を鵜呑みにしてはいけないところがある。

新参者の私からすると、義姉が正しいことを言っていることも結構あるし、もう少し評価してもいいのでは、と思うのだけれども、まぁそうしない家族の気持ちも分かったり。

ともかく、お義姉ちゃんの話は話として、彼に会ってから判断しようと夫と話していた。ただ、息子を彼と2人っきりにすることだけは絶対に避けなければとは思っていたが。

 

  [Sponsored Link]

 

 

★さぁ、彼がやってきた

夏になって彼がやってきた。彼は毎年このサマーハウスにやってくるのだ。

車から降りてきた彼は白いシャツにデニムの半ズボン。OK。

と思ったら、3分後には上半身裸だ。

そして、ピチピチの半ズボンのせいで半ケツになっている。。。お義父さんに服を着るよう再三言われても上半身裸を貫く彼。

鍛え上げられた体でもない。筋肉質と肥満のどちらか選べと言われたら肥満に類する。

彼のために部屋はなく、リビングのソファで寝ることになっていたのだが(彼は部屋があいていてもリビングで寝るのが好きなんだそうだが)、スーツケースは広げっぱなし、脱いだパンツは見えるとことに放ってある、バルコニーにはエクササイズ用の様々なものを置きっぱなし、T字カミソリは息子の手が届くテーブルの上。。。

夜になると温度が下がる。彼はジャケットにマフラーを着込んで寒そうなそぶりだ。そりゃ寒いだろう。だって下は半ズボンのままなのだから。

そもそも、彼が来ている服は彼の体にあっていない。全て一回り、もしくは二回り小さい。ゆえに、腹が出ればケツもでる。

 

  [Sponsored Link]

 

 

★半裸半ケツ固太りの50才、キレる

彼がやって来る前は、朝ごはんが済むと息子と30分ほどドリルをするのが日課だった。が、そのテーブルは彼のもので占められている。

しかも昼寝もする。私も夫も息子も昼寝の習慣がないことから、午後は1階のおばあちゃんのリビングか蚊だらけの庭しか居場所がなくなってしまった(ここは2世帯住宅で、私たちは2階に住んでいる)。

でも私たちはここで夏を過ごすのは初めてだったし(夫は幼少期以来)、彼の母親であるお義父さんのパートナーに遠慮していた。

が、問題が起こった。彼が起こしたのだ。

 

その日、夫は彼が昼寝をする時間帯にPCを使って仕事をする必要があった。

しかし、1階にはWiFiが入らずネットが使えない。そこで、「今日の午後はリビングで仕事をしたいんだが」と言ったところ、 半裸半ケツ固太りの50才がキレた。

「オレはどこに寝ればいいんだ!!」と。

お義父さんが1階の空いているベッドに寝たらどうだと言うと、「オレは荷物じゃない」とさんざんキレた挙句、「じゃぁ、もう帰る!みんな、良いバカンスを!!」と言い放って階段を下りて行った。

行き先は彼の自宅ではない。1階のベッドだ。

彼が自分の家に帰らないのは皆が分かっていた。だって、この街にはお気に入りのヌーディスト・ビーチがあるのだから。色々文句を言いながら、毎年やってくる。

 

でも彼がキレたのは間違いだった。

 

義姉ともめたとしても、彼女も悪いんだろうと皆が思う。がしかし、夫ともめるのは話が違う。

夫は辛抱強く、よほど理不尽なことがなければ怒ったりはしない。それは家族・親戚皆が知っている。

義姉ともめ、夫とももめたとなると、彼を見る皆の目が変わる。いや、そもそも彼はおばあちゃんや1階のゲストに好まれていなかった(もちろんそんな態度はとらないけれど)。ただ別フロアに住んでいるから皆黙っていただけだ。

  


固太り、さてどうする?:ランキングに参加しています!

  

  [Sponsored Link]