読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア、住んでみたらこんな感じ。

日本とイタリア、どっちがストレスフル?

子育て:息子が一人で寝た夜 2

こちらの記事↓の続きです


 [Sponsored Link]

 

 

★おだててノリノリ一人寝作戦

普通に「別のベッドで寝ようか」と言ったところで、「マンマと一緒!!」と拒否するのは目に見えている。それに、最初の声掛けに失敗すると、間違いなく警戒してしばらくは一人寝に誘うのすら難しくなってしまう。

ということで、赤ちゃんの頃の写真を使って、こんな3 step作戦でいってみました。

 

STEP 1. ベビーベッドに寝ている写真を見せる

実はほとんど使わなかったベビーベッド。ですが、「見て見て~!赤ちゃんの時、●●(息子の名前)はずっと自分のベッドに寝てたんだよー。今は●●のベッドがなくて残念ねぇ」と言ったところ、「えぇぇ~残念!!!!」と悔しがる息子。

( ̄▽ ̄) ヨシヨシ

 

STEP 2. ぬいぐるみ(くま)と一緒にベッドで並んで写っている写真を見せる

 このくまさんは●●が赤ちゃんの時にずっと一緒に寝てたんだよー。今はベッドがないから●●と一緒に寝れなくて「寂しいなぁ」って思ってるよー。

と言ったところ、すぐさまくまのぬいぐるみを取りに行き、ほっぺすりすりする息子。

ちなみに、息子はぬいぐるみに興味を示さなかったので、赤ちゃんの頃にくまと一緒になんか寝ていません。

( ̄▽ ̄)ニヤリ

 

STEP 3. 何でもやりたがりの息子の性格をいかす

再び「ベッドがなくて残念ねぇぇ」と言うと、息子も本当に悔しい顔をして残念がったので、すかさず、「マンマと一緒にお部屋片付けて、●●のベッドを作っちゃおうか!?」というと、「やったーーーー!!!」と歓喜のダンス。

 

あぁ、単純で良かった(笑)。

 

すぐさまお部屋の配置換えをして、私たちのベッドに平行になるようにお部屋の反対側の壁に沿って息子用のシングルベッドのマットを設置。

クマのぬいぐるみや義祖母にもらった馬とひよこのぬいぐるみで飾り立て、赤いブランケットで華やかに。

そして、ちょうど家にあった可愛い絵柄のパン切りまな板をブックスタンドにして、「寝る前に絵本読もうね」と言うともう有頂天。

息子、可愛すぎ( *´艸`)クスッ

 

 ↑溝部分に絵本を並べています

 

 [Sponsored Link]

 

 

★さて夜になりました

寝るのが待ちきれなかった息子。ですが、通常21時には寝るところ、この日は眠さ限界の22時まで起こしておきました。

「よし、寝よう!遅くなってごめんね」というと、張り切ってベッドに向かいました。

自分のベッドでジャンプして、ぬいぐるみを並べなおして、絵本を選んでと大張り切りです。

が、お布団に入ってふと真顔になると「マンマは一緒に寝るの?」と。

「マンマは別よー。でもお隣で絵本読んであげるからね。よし寝よう!」とのせると、「寝よう!」とガッツポーズ。

本当に単純で可愛いすぎる( 艸`*)

 

添い寝ぎみに絵本を2冊読んだところですぐ寝そうな雰囲気だったので、電気を消したところくたっと就寝。一人寝大成功!

 

 [Sponsored Link]

 

 

★その後の一人寝の状況

寝る前に「もし夜中に起きて寂しくなったら、パパとマンマのベッドに来ていいからね」とも伝えてありました。

無理なく安心して朝まで一人で寝てくれることが最終目標。急ぐ必要はないですしね。

やはり初日は目を覚ますと「マンマー」とベッドにもぐりこんできました。

そして、2日目の夜はニヤニヤしながら「●●のベッドに寝ない」とも言いだしました。

が、母は先手を打っておりました。乾いた洗濯物が置かれたベッドを指さして「マンマたちのベッド、片付けてないから寝れないんだよー。●●のベッドで寝ようね。絵本読むよ!」というと、「やったー!」と息子。

あぁ、可愛すぎる我が子よ。(女の子だとこうはいかないかな?)

 

結局、今のところ毎晩夜中に起きだしては私たちのベッドにもぐりこんできてはいますが、寝る時は比較的素直に自分のベッドに入っています。

 

f:id:kuma-postman:20161014015246j:plain
小さかった息子(4ヶ月ごろ)と愛犬@こたつ

  


こちらはなんと、こたつが恋しい寒さ!!:ランキングに参加しています!

  

 [Sponsored Link]